shiBano日記

2021 / 02 / 02  15:00

奈古街中、元下宿屋さんの家

奈古街中、元下宿屋さんの家

最近コロナウィルスの影響か、地方への移住を考えている方が増えたように感じます。
阿武町も例外でなく、空き家バンクの内見や移住相談が増えています。


ということで、今回は思い出不動産から元下宿屋さんをしていたお家の紹介です。
※思い出不動産とは

No.126 奈古街中、元下宿屋さんの家

こちらのお宅はそのタイトルにもあるように、学校の先生向けに下宿屋をされていた家です。

なので家が広い!!

玄関もなんと2つあるんです。
このうちの1つからは入ってすぐに階段があり、2階に上がれるようになっています。
下宿をしていた先生用の玄関だったんでしょうね◎
0Y3A7239-960x640.jpg 0Y3A7241-960x640.jpg

このお家には2階がもうひとつあり、そちらは家主さんのおばあさんの裁縫仲間が集まっていた場所。
階段横にある扉から顔なじみがよく遊びに来られていたそうです。
0Y3A3388.JPG 0Y3A7238-1.jpg


そして古民家好きに嬉しいのが、勝手口から入ってすぐの広い土間。
0Y3A7252-960x640.jpg
ここには竃や古い井戸があり夢が広がりますね✨(動作確認はしてません)

その土間の向こうにはもう一棟の建物が。
0Y3A3398のコピー.jpg
こぢんまりとしたその建物には簡単なキッチンと水場があります。
ここにも下宿の先生がいたんでしょうね。

母屋もとても広くて迷子になってしまいそうなこのお家。
大家族でも安心ですし、なにか新しいことを初めてみたい方にも良いかもしれませんね✨


空き家バンクの詳しい情報は
阿武町役場HP 空き家バンク情報

思い出不動産の記事は
先生たちが下宿し、婦人会が集う賑やかな場所。家族の思い出がつまった 三吉家
をご覧ください。


記事/吉岡

2021 / 01 / 23  15:00

学校でも家でもない場所で

お家で勉強できないあなたへ

大学受験を考えているみなさん、先週は共通試験ひとまずお疲れ様でした。
中学3年生の高校受験を控えているみなさんは今ラストスパートをかけているところでしょうか。

私はどうにも家で勉強できない性格で。
自分との戦いに負けがちで、家で勉強していると漫画を読んだりだらだらしてしまったり。
その為高校の時には学校や図書館という人の目があって逃げられない場所で勉強するスタイルでした。

もちろん人それぞれですが、私のような人はそれなりにいると思うんです。
そんな時落ちついて勉強できる場所があると嬉しいですよね♪

最近shiBanoでは、中高生が学校帰りやお休みの日に勉強や課題をしに来てくれることが増えてきました。
町の中高生にとってshiBanoがそういう場所になりつつあるのがなんだか嬉しいですね。


これからも大人も子どもも気軽に来て、自分の時間を過ごせる居心地のいい空間にしていきたいと思います◎


記事/吉岡

2021 / 01 / 19  15:00

話し合いを重ねて

話し合いを重ねて

奈古地区河内集落では、毎年1月に自治会の総会が行われます。

※本記事の写真は全て2020年1月に撮影したものです。今年の総会は参加者全員マスク着用の上、適度な距離をとって開催されました。

 

総会は河内集落にとって大事な集まりの一つです。

主に一年間の事業と会計の収支決算報告が行われます。 

 

IMGP6083.JPG

小さな自治会ですが、参加者は昨年の収支確認と今年度の予算案について真剣に議論。

昨年の支出について「この内訳はどうなっているんでしょうか」と質問が飛びます。

また自治会に必要な備品等について意見が多数でました。

 

会計の透明性を保つためには、忌憚(きたん)なく意見を発することが必要です。

小さなことであっても皆が納得できるまで話し合うことが大切だと思います。 

 

IMGP6087.JPG

例年は総会後に食事会が開かれますが、今年はコロナ禍の為自粛となりました。残念です。

 

 

山間部の集落では決して一人では生きていけません。

共に意見を出し合い協力してきたからこそ、現在の環境が保たれているのだと思います。

 

これからも話し合いを積み重ね、集落の未来へと繋いでいきたいですね。

 

記事/小野

2021 / 01 / 15  14:32

1月15日はどんど焼き

1月15日はどんど焼き

1月15日、各地でどんど焼きが行われましたね。
今回は福田八幡宮のどんど焼きにお邪魔させていただきました。

宮司さんによる神事の後に、福賀小学校の年男2人が火をつけます🔥
0Y3A3435.JPG 0Y3A3442.JPG
境内にはまだまだ雪が残っていて空気も冷たかったのですが、火をつけた途端に熱気が広がり暖かくなりました☺️
どんど焼きの煙を浴びると健康祈願になるのだそう。

0Y3A3458.JPG

みなさんしっかり煙を浴びていました🔥


年末に飾るしめ縄や門松は「自分のお家がここにありますよ」と神様にお伝えするものだそう。
なので、しめ飾りがないとお家がどこかわからずに神様が来ることができないのだとか。
しめ飾りを飾って神様をお迎えするというのはそういうことだったのですね◎

そして来ていただいた神様にずっといてもらうわけにもいかないので、小正月の1月15日にこうしてお焚き上げをして煙とともに帰っていただくそうです。
また、古くなったお札やお守りもこの日にお焚き上げをすると良いとのこと。
0Y3A3461.JPG

いつまでも古い神様にいていただくのではなく、1年ごとに新しくするのがいいそうですよ。

今年お焚き上げし忘れてしまったお札やお守りは、ゴミ箱に捨てるのではなく来年忘れずにお焚き上げしましょうね◎


記事/吉岡

2021 / 01 / 14  15:00

まちのブリキ屋さん

まちのブリキ屋さん

以前小学校の授業の関係で八代峰月堂さんにお邪魔したときに、横にあったブリキ屋さんのお話を伺いました。

「昔は隣にブリキ屋さんがあってね、ジョウロも作れるような腕のいい職人さんで、ケーキの型なんかも全部作ってもらってたんよ。」
と懐かしそうにお話する八代さん。
ジョウロを作るのにはいろんな技術がいるため、とても難しいものと言われていたそうです。
そんな職人さんが作った型を今でも使っているとのことで見せていただきました。

0Y3A1500.JPG 0Y3A1493.JPG
初めは周りの型枠だけで、そのあとに底板もあった方が使いやすいからと、底板をつけたものを作ってもらったのだとか。
※1番小さい物は市販の物です

 

0Y3A1504.JPG
こちらはういろうの型。
これも八代さんの注文に応じて作られたものだそうです。

ちょっとした修理を頼んだり、新しい道具を作ってもらったりしていてとても助かっていたと八代さん。
作業をする音がいつも聞こえていたのも懐かしそうにお話ししてくださいました。

その職人さんも今では亡くなってしまい、建物も別の場所に移動してしまったので面影を感じることはできませんが、八代さんのお話やまだ使われている道具から当時の風景を想像すると、なんとも暖かい気持ちになりました。

八代さん、貴重なお話をありがとうございました。


記事/吉岡

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...