shiBano日記

2020 / 12 / 10  15:00

福賀神楽保存会太刀納め

130750889_505047713732100_4845853690288695861_n.png

いつの間にか12月も10日がすぎ、1年の終わりがまた少し近づいてきましたね。

年の瀬になると仕事納めや食べ納めなど、〇〇納めという言葉を多く聞くようになります。
神楽の場合は「太刀納め」と言うそうです。※「舞い納め」という場合もあります

12月19日(土)13:00時より、のうそんセンターにて、福賀神楽保存会のみなさんの太刀納めがあるそうなのでご紹介します♪

披露されるのは
『四神』『恵比寿大黒』
『鬼返し』『鍾馗』『大蛇』

の5演目!!

今みなさんが練習されている全ての演目の披露となっていて、なんとも豪華!!!

この演目の内4つは福賀中学校の授業の時から披露していたものですが、『鬼返し』は福賀神楽保存会になってから練習を重ねてきたものです。
0Y3A4842.JPG
まだあまり披露されてきていないので、ぜひこの機会にご覧ください✨

神楽好きの私からすると全ての演目の説明をしたいところですが、かなりの文章量になってしまうのでやめておきます😢
内容を理解して観るとより楽しめると思いますので興味のある方は是非調べてみてくださいね🔍


記事/吉岡


2020 / 12 / 08  17:00

思い出はレコードの中に

思い出はレコードの中に

 先日、奈古浦地区のご近所さんから大量のレコードをいただきました。

 

 今はインターネットを利用し、パソコンやスマホで簡単に音楽が聴ける時代。

しかし、昔のようにレコード屋で商品を買って、家でレコードプレーヤーにかけるまでの「ドキドキ感」や、部屋にレコードジャケットを飾るといった楽しみ方もなくなってしまいましたよね。

 

 

レコードを手に取ると、自分が生きていない時代であっても「懐かしさ」が感じられます。

そして良いものは、時を経ても良いなと思うものです。

 

 

以下、いただいたレコードの一部をご紹介します。

IMGP8371.JPG

1974年 井上陽水「二色の独楽」

イントロからカッコいいです。今聞いても痺れます。

 

IMGP8372.JPG

1976年 岩崎宏美「ファンタジー」

岩崎宏美は永遠のアイドルですね。

 

IMGP8370.JPG

1979年 竹内まりや「UNIVERSITY STREET」

ファンです。いいアルバムです。

 

IMGP8369.JPG

1986年 中島みゆき「36.5℃」

都会でのドラマを感じさせるジャケットですね。

 

 

みなさんの思い出のレコードはあったでしょうか?

 

しばらくの間、これらのレコードをshiBanoで保管しています。

他にも沢山のレコードがあります。お気に入りの一枚、懐かしの一枚が見つかるかもしれませんよ!

レコードプレーヤーがありますので視聴もできますし、欲しい方には差し上げますので、是非shiBanoにお立ち寄りください。

 

 

 

記事/小野

2020 / 12 / 04  15:00

夜のまちに賑やかな明かりを

夜のまちに賑やかな明かりを

朝晩冷え込んできましたね
こたつやストーブ、お布団がなんとも幸せな季節になりました。

そんな寒い冬の街を明るく照らすイルミネーションがあちらこちらで始まってますね🎄
道の駅阿武町でも毎年イルミネーションフェスティバルが開催されていますよ。

そして今年も12月12日から1月3日までイルミネーションの点灯が行われます!!
そのオープニングセレモニーが12月12日に開催されます✨
今年も銭太鼓やハンドベルの披露がありますよ♪

なんと花火も上がっちゃいまーす✨
今年は全然花火を見れなかったので嬉しいですね✨

また、同日開催で道の駅阿武町交流イベントもあります!
b60d6006f3980be592a77ebc0f76de17.jpg
移転テナントや新規参入のお店も同日オープンされたり、キャンプ場の紹介ブースもありますよ🏕
まちの生産者さんや団体さんによるマルシェもあるそう!!

なんだか賑やかな1日になりそうですね!
みなさんのお越しをお待ちしております♪ 


記事/吉岡

2020 / 12 / 03  15:00

道具を通して見る暮らし

道具を通して見る暮らし

先日からお伝えしております阿武小学校3年生との授業。
昔の暮らしと道具シリーズは今回で最後となりました。

0Y3A2203.JPG
今回は奈古浦地区に昔から住んでいる皆さんにご協力いただきましたよ。
昔の道具をshiBanoの近所の元呉服店の蔵からたくさんお借りして、実際に昔の道具を見ながら当時の様子をお話ししていただきました。


昔は道がコンクリートで舗装されていなかったため、道に穴を掘ってビー玉遊びをしていたことや、小学校の教室の後ろに囲炉裏があってお弁当が冷えないようみんな並べていたことなど、今とは違った暮らしをたくさん教えていただきました。
0Y3A2221.JPG
昔の教科書やノートも見せてもらいましたよ♪

IMGP8321.jpg
子どもたちも見慣れない道具や昔の暮らしのことを聞き、驚きながらも興味深そうにお話を聞いていました。

お話を聞く中で「いいなぁ!!」という声が上がることも。

羽釜で炊いたご飯の美味しさのように便利だから優れているのではなく、それぞれの良さがあることも感じてもらえていたら嬉しいですね◎

これまでの授業のように本物の道具に触れ、実際に使っていた人に話を聞くというのは子どもたちにとって、とても貴重な経験だと思います。

阿武小学校では地域の方と子どもたちのふれあいを大切にしています。
今回協力してくださった皆さんも「最近よく小学校に行くからね、まちでたまに声かけられるんよ」と嬉しそうに話されていました。

そんな関わり方ができるのも阿武町の良さなんだろうなぁと感じました。


記事/吉岡

2020 / 12 / 01  17:00

奈古浦のシンボル

地区のシンボル

現在、奈古浦地区で阿武小学校3年生と社会科の授業をおこなっています。

前回の授業はこちら。

今回は河野酒造の河野とみ子さんにご協力いただき、酒蔵の中で授業をさせていただきました。

河野酒造の酒蔵は、酒造りを辞められた現在でも地域のイベント等に利用され、町の人に愛されている建物です。

 

 

 0Y3A2119.JPG

初めて入る子どもたちは酒蔵に興味津々。(あぶのべっぴん市等で建物に入ったことがある子もいました)

「広い〜怖い〜、すごい〜!」など感想も様々です。

  

 

まず最初にshiBanoスタッフが日本酒とは何か、日本酒はどのような工程を経て作られるのかを説明しました。

 0Y3A2116.JPG 

日本酒は、日本を象徴する文化の一つです。

古くから節目を迎える時や、祭事などに用いられてきました。

他のお酒と違い、神聖な意味合いがあることを子どもたちに知ってもらいました。

 

 

 

続いて、酒造の設備や保管してある道具を見学。

 0Y3A2149 (1).JPG

こちらは米を蒸すための かまど。大きさにビックリ。

下には火を炊くために、人が一人入れる空間があります。

この かまどから出た熱と煙は、中庭にある煙突から逃げていきます。

 

 IMGP8276.JPG

奥に見えるのは「もろみ」を絞る機械です。

もろみは木綿袋に入れて絞ります。袋には殺菌作用のある柿渋を塗っていたそうです

ここで絞って出てきたものが日本酒に、そして残ったものが酒粕になることを子どもたちは学びました。

 

 

 0Y3A2143.JPG

子どもたちが見上げる煙突のてっぺんには避雷針があります。

普段は奈古浦地区のシンボルとして静かに佇んでいますが、奈古の町を落雷から保護しています。

この煙突は酒造りの役目を終えた後も、住民の安全を守っていたんですね。

 

 

 

授業が終わる頃には「ここに住みたい!」と言った子もいました(笑) 酒蔵に愛着を持ってくれたようです。

大人になったときに、この建物や阿武町での体験を誇らしげに語ってくれると嬉しいですね。

 

記事/小野

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...