お知らせ

2019 / 05 / 25  00:00

町を守る人たち

阿武町には消防署というものがありません。
有事の時には萩市から消防隊が駆けつけます。

しかし時間に来るのを待っていては火は広まるばかり。
そんな時にこの町を守ってくれているのが『消防団』のみなさんです!
昨年、奈古地区で起こった火事があれ以上広がらずに済んだのも消防団のおかげです。

今日はそんな消防団の訓練がありました。
消防団は町の方達で結成されているので、いつも見かける方の姿もあるのですが、制服に身を包んだ姿はまた違って見えてとてもかっこよかったです✨
0Y3A7577_1.jpg  0Y3A7657.JPG
まだ入団して日も浅い方もいらっしゃいましたが、ベテランの方のご指導のもと、積極的に練習されていました✨
 0Y3A7644.JPG 0Y3A7592.JPG 0Y3A7656.JPG
集落支援員の小野さんも頑張っていましたよ◎
0Y3A7601.JPG
消防団のみなさん、これからもこの町をよろしくお願いします!!
そして一緒に町を守ってくれる消防団員も募集しておりますので、我こそは!という方、お待ちしております🚒

みなさん暑い中、訓練お疲れ様でした✨


本日の記事/吉岡


2019 / 05 / 23  12:04

元気の源

河内集落で畑仕事をされている方を訪ねました。

ニンニクを栽培されている末永さん。現在74歳。
剣道の達人であるため、作業中の身のこなしは軽く、力もあります!
去年の秋に植えたニンニクが収穫の時期を迎えました。
IMGP4265.JPG IMGP4270.JPG
もう何年もニンニクの栽培されていますが、いまだ作り方を研究され続けています。
最初にこちらの畑で作り始めた頃
土は決してニンニクを育てるのに好ましい状態ではなかったそうです。
毎年試行錯誤を繰り返した結果、徐々に良いものが出来るように。
そして今では立派なニンニクがたくさん収穫できます。
けれどもご本人はまだ納得がいかない様子で
今回の収穫によって、次の課題も見つかったようです。

末永さんのニンニクは道の駅阿武町や福の里直売所で購入することができます。


IMGP4360.JPG IMGP4358.JPG
グリーンピースを栽培している小野さん。
おしゃべりが大好きで、一度話し出すと止まりません(笑)
いつも面白いことを言って笑わせてくださるので、一緒にいるとあっという間に時間が過ぎます。
普段手押し車か杖を使って歩いていますが、毎年畑へ出て少しずつ作物を栽培しています。
もう90歳に近い年齢だそうです。

畑で作業されている方を見ていると、
元気だから畑で作業できるというより
畑に出るから元気でいられるといった印象を受けました。
私も生涯こんな風に活発に生きていたいなと思います。


本日の記事/小野
2019 / 05 / 20  16:00

かつての賑わいをもう一度

5月18、19日
あぶのべっぴん市が開催されました!!

今は使われていない酒蔵を、どうにか町を盛り上げるために活用できないか。
そんな想いから始まった、あぶのべっぴん市も今回で3回目となり、町内外のものづくりが得意な方が集まって、その作品の数々を披露されました。
今回はそれだけでなく、空き店舗に新しい光がともり、新しくできるゲストハウスも出店され、奈古中央通り全体がかつての賑わいを取り戻しました。

shiBanoでは普段かもめ工房としてものづくりをされている町の方が、カモメ食堂と名を変えて、二日間おいしいご飯を提供してくださいました✨
0Y3A7277.JPG
1日目がカレー、2日目がたけのこご飯だったのですがまたこのたけのこご飯が絶品で。。
次のべっぴん市のメニューも考案されていて、すでに楽しみにです♪
かもめ工房の作品もshiBanoで展示販売されていましたよ。
0Y3A7299.JPG
丸椅子の絶妙な高さと座りやすさが素晴らしく、あっという間に完売となりました!!

河野酒蔵では、1日目に天才けん玉少女ゆいちゃんのライブやオカリナ演奏、
2日目は津軽三味線のコンサートに地元バンドのライブがあり、会場を賑わせていました。
そしてその奥ではあぶのべっぴんがたくさん!!
今回もたくさんの作品が並び、お客さんもとても楽しそうに作品を選んでおられました。

ゆいちゃんとゆずきちゃん。ふたりともとてもかっこよかったです!!
0Y3A7336.JPG

津軽三味線コンサート。町長もこのあと歌ったそうです。
0Y3A7381.JPG
Man-Bowのライブ。アンコールではジャズシンガー愛さんも!!
0Y3A7401.JPG 0Y3A7476.JPG  

子供達は何を感じたのでしょう
0Y3A7402.JPG



酒蔵と同じ通りには新しくOPENした、ゲストハウスIKIATARIが。
0Y3A7364.JPG
ゲストハウス内の見学や、阿武町の竹で作られた竹炭、ドリンクの販売をされていました。
この竹炭がとても人気で、2日目の午前中には完売でした!!
当日は初めてのゲストさんの宿泊もあったそうですよ✨

同じ通りのshiBanoの2件隣の白井表具店ではいつもYADAYAとして美味しいご飯を提供してくださる矢田さんがアルバムカフェを開催していたり、子育てママさんたちの痒い所に手が届く布小物などの販売がありました。また、宇田郷のちづるパン工房のパンや、うたねぇねーずのお弁当の販売もあり 、多くの方が訪れていましたよ。
0Y3A7301.JPG
中はこんな感じで可愛いらしくなってましたよ
0Y3A7240.JPG
何より嬉しいのが、この白井表具店が開いていると、町の方がみなさんとても喜んでくださること。
「やっぱりここが開いとるとええねぇ」と目を細めて喜ばれていましたよ。
以前風通しをしていたときのこと。みなさん興味津々でした
0Y3A7234.JPG


白井表具店の先の細い路地を入った先にあるのが、8月にOPEN予定のゲストハウスえのん。
0Y3A7357.JPG
ここでは昼バーとしてお酒やおつまみの販売がありました。
今もまだ改修中ではありますが、オープンDIYとしていろんな方の支援のもと出来上がってるえのん。
これまでの改修の様子や来てくれた方の写真の展示もあり、新しい風が吹いているのを感じられました。
えのんの中では機織グループなごごさんの作品販売と機織体験もあり、体験中のお連れ様を待っている方がバーでゆっくりする、という時間の過ごし方もあったようですよ🍷
0Y3A7371.JPG
自分で何かを作り出すという作業は素敵でした

えのんを出てこどもたちの声がする方にあるのが駄菓子屋岡甚。
0Y3A7361.JPG
昨年、みんなできれいにし、駄菓子屋復活をしたおかげで、新しいオーナーさんが見つかったこの岡甚。
今回も町のこどもたちや21Cラボのメンバーが駄菓子屋さんをしてくれました。
お手伝いをしている子も、お客さんで来た子もみんな楽しそうに駄菓子を買っていました。

かつては「奈古銀座」と呼ばれていたこの通り。
主催の方は「このイベントはただ物を売るだけの市じゃない」と話されます。
町を盛り上げたい、いろんな世代、移住者と町の人を繋げたい、一緒に町の未来を考えたい。
そんな想いがこのイベントには詰まっています。
これからも、いろんな人がいろんな関わりをしながら続けていきたいイベントですね。
0Y3A7282.JPG

主催や準備に関わったみなさん、本当にお疲れ様でした!!

2019 / 05 / 16  10:00

\今週末です/

さて、5月18日(土)と19日(日)の2日間、shiBano近くの河野酒造さんをメイン会場に
あぶのべっぴん市が開催されます✨

阿武町のものづくり大好きな人たちが集結するこのイベント。
今回で3回目になりますが過去2回ともたくさんの方にお越しいただいています。

0Y3A9581.JPG

開催場所もどんどん広がり、河野酒造の他に8ヶ所で飲食などの出店があります!!
shiBanoもそのうちのひとつで、阿武町でかもめ工房としてものづくりをしている方たちが、工房を食堂に名前を変えてお昼ご飯の提供をしてくださいますよ🍛


他にも新しくできるゲストハウス2件でも機織り機や竹炭があったり、shiBano横の元白井表具店でパンの販売があったりと大賑わいになりそうな予感✨
そして去年みんなで綺麗に掃除をした岡甚では駄菓子屋復活再び!!
会場をめぐる町歩きだけでも楽しめそうですね🎪
0Y3A9586.JPG


たくさんの手作りの作品たちの他にも酒蔵コンサートも開催されます♪
18日には天才けん玉少女のゆいちゃんのショーやTKOのオカリナ演奏
19日は津軽三味線ライブに地元ユニットMan-bowによるバンドのライブ
と内容も盛りだくさんとなっております!

0Y3A9718.JPG 

あぶのべっぴん市、みんなで楽しみましょう!!

本日の記事 / 吉岡

2019 / 05 / 14  13:17

キウイ受粉作業

先日、河内のキウイ農家さん宅にお邪魔して

キウイの受粉作業を見せていただきました。

受粉作業の方法はいくつかあるようです!

 

 4.jpg

・1つ目の方法

この小さなポンプのついた道具を使って、

石松子(せきしょうし)で希釈した花粉を雌しべにつけていきます。

石松子とは人工授粉が行いやすくするための花粉増量剤。

粉状のものを吹き付けるため、風が吹くと作業が困難です。

 

3.jpg

・二つ目の方法

スプレーを使って花粉溶液をつけます。

この受粉溶液は花粉、食用色素、砂糖、水、とろみ調整剤(介護食等に使われるもの)を混ぜてあります。

この溶液は混ぜ合わせてから大体2時間程度もちます。

それ以上の時間がかかると受粉成功率が下がってしまうので、時間との勝負です!

食用色素をつけているため、白い花びらにつけると一目瞭然。

つけ忘れがないように順番に花粉をつけていきます。

 1.jpg2.jpg

雌しべの一個一個に花粉をつける作業はかなりの労力を伴います。

ずっと上を向いたまま腕を上げて作業をするので想像以上に体力が必要です。

 

 

阿武町で作られる美味しいキウイ。

生産工程に様々な手間がかけられていると知ることで

食べるときの美味しさが以前にも増して感じられそうです!

 

 

 

本日の記事/小野

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...