shiBano日記

2021 / 04 / 01  15:00

新年度が始まりました

新年度になりました

4月1日
新しい生活が始まった方、転勤や部署の異動があった方、いろんな方がいらっしゃることでしょう。

阿武町は天気も良くていいスタートの日になりました☀️

さて、そんなスタートの日に素敵なお知らせ

shiBanoのカフェメニューがこの春!!

\ 進化します 



現在手引きコーヒーは、阿武町の「草の実舎リーラ」さんが自家焙煎されているコーヒー豆を使っています。
香ばしい香りと苦味のあるコーヒーですが、後味はすっきりしていて飲みやすく、
今までもshiBanoに訪れる方に楽しんでいただいてきました。

この度、それに加えて新たに「八祥園」さんがshiBanoのために作ってくださった「shiBanoブレンド」を販売します✨

八祥園さんはshiBanoのご近所にあるお茶屋さんで、今年の1月から孫である久原久美子さんが事業継承されたお店です。
コーヒーのインストラクターの資格を持っているご主人と一緒に、試行錯誤をして今回のブレンドを作ってくださいました。
リーラさんのコーヒーとはまた違った味わいと魅力を持たせることで、選択肢が増えてくれたら嬉しいとのこと。

どんなコーヒーになったのか、ぜひ飲んでみてくださいね♪


そしてそして!
今度からこれらのコーヒーを「はしもと窯」さんの器でお出ししていきます✨
※はしもと窯さんについてはこちらでご紹介しています。

0Y3A4441.jpg
阿武町の土地区の土を使って作られたこの器。
赤土を活かした色味を出し、エッジを出すことでこの色味を活かしているとのこと。
無骨さを意識して作られたそうで、確かに少しゴツゴツとしていますが、不思議と手に馴染む触り心地です。

飲み口は少しぷっくりしており、口当たりも良い器となっています。

 

阿武町づくしのこのメニュー。
たくさんの方に楽しんでいただければ幸いです♪


吉岡

2021 / 03 / 25  15:00

出張はぎビズ全3回終了しました

出張はぎビズ全3回終了しました

ぽかぽか陽気になってきて、桜もあちこち咲いてきましたね。

さて、3月9日より毎週火曜に行われてきた
「はたらクラス 出張はぎビズ ビジネスセミナー&個別相談会」
無事に3回終了いたしました!


午前中のセミナーには阿武町内だけでなく、近隣の事業者さんやなんと北九州の方もオンラインで参加して下さいました✨
0Y3A4352.JPG

2回と3回のセミナーは実際に自分でプランや商品企画を考えながらのセミナーとなり
みなさん真剣に取り組んでいらっしゃいました。
特に3回目は実際に商品企画をしてみて、その後その企画の発表もあり
いろんなアイディアにみなさん楽しそうに聞いていましたよ♪
0Y3A4351.JPG

個別相談会も3日間満員御礼で
相談された方の中には「光が見えた!」と喜んでいる方もいらっしゃいました。
これを機に新たな動きや考え方が産まれるのを楽しみにしています。
0Y3A4257.JPG


今回、突然のお願いに快く応じてくださった獅子野センター長
本当にありがとうございました✨
出張はぎビズ全3回終了しました

記事/吉岡

2021 / 03 / 13  15:00

出張萩ビズ1回目終了しました!

第1回はたらクラス

先日お知らせいたしました出張はぎビズ!
3月9日(火)に第1回目が無事に終了いたしました。

1回目のセミナーは「コロナ禍でも売上UP!強みを活かすターゲティング」
0Y3A410.jpg
獅子野さんがこれまで手がけて来た事例を参考に、コロナ禍で様々な角度や方法で売り上げを取り戻しUPする方法を学びました。
本当にいろんな角度からのアプローチを教えていただきました!!
私は起業家でも経営者でもないのですが、聞いていてとても勉強になりましたし面白かったです。

参加された皆さんも「勉強になったー!」ととても満足した表情で帰って行かれましたよ✨

個別相談会も1時間みっちりお話できたようでした◎
0Y3A4122.JPG

個別相談会は全ての日程が埋まってしまったのですが
セミナーはどなたでもご参加いただけます!!

次回は 3月16日(火) 10:30~11:30
「もやもや迷っているあなたに!迷路から抜け出すメンタルメソッド」
です。

ぜひお気軽にお越しください♪


記事/吉岡

2021 / 03 / 04  15:00

はたらクラス開催 !!

 はたらクラス開催 /

寒くなったり暖かくなったり❄️🌸
三寒四温とはよく言ったものですね。

今日は久しぶりの開催となります、はたらクラスのお知らせです。

今回は萩市浜崎にあります「はぎビズ」からセンター長の獅子野美沙子さんがshiBanoに出張してくださいます✨
全3回の講座となっており、それぞれ午前の部でビジネス支援セミナー、午後の部で個別相談を実施します。

獅子野さんはこれまでにもたくさんの起業や新商品の開発などの相談にのっておられ、獅子野さんの携わったお店が萩市にはたくさん!!
相談される方のお話をしっかりと聴き、その強みを見出し活かしていく提案をしてくださいます。

セミナーだけ、相談会だけの参加も可能ですが、せっかくなので両方参加していただきたい!!!
相談会は事前予約が必要ですのでご注意ください。

 

【日時・内容】


3月9日(火) 10:30~11:30
コロナ禍でも売上UP!
強みを活かすターゲティング


3月16日(火) 10:30~11:30
もやもや迷っているあなたに!
迷路から抜け出すメンタルメソッド


3月23日(火) 10:30~11:30
商品企画入門〜売れる商品を企画してみよう!〜


個別相談会
3月9日、16日、23日
①13:00~14:00
②15:30~16:30

2021 / 02 / 20  15:00

地域に根付きながら

地域に根付きながら

 YouTube 】阿武町暮らし「すまいのハナシ」vol.1
 上記リンクからインタビュー動画を
ご覧になれます。

 

2017年に阿武町に移住し「はしもと窯」として作陶活動をされている橋本一成さん。


橋本さんの作る器は、生活に馴染みやすい優しさを感じます。
今回はそんな器を作る橋本さんにお話を伺ってきました。



―陶芸のために移住をすることは陶芸の世界では良くあることなんですか?

0Y3A2820.JPG

僕が修行していた唐津では、唐津焼きを学ぶために佐賀県外から人が集まり、その後唐津市内で窯を開くことが多い場所でした。
だから陶芸をするために”移住”というのは割と普通だったのかも。

萩焼の場合は代々家業として継がれていく窯元が多く、外部の人が入ることは少ない環境なんですが、阿武町にはそう言う窯元も阿武町にはなかったのでそう言う点ではよかったですね。



―阿武町は便利がいい場所とは言えませんが、なぜ阿武町に?
0Y3A2829.JPG
ガス釜付きの物件

自分の窯を作る場所を探していたときに、本当にたまたま阿武町の空き家バンクでガス釜のついた家を見つけたんです。

若手作家が独立する時って土地代の安さで探すことが多くて、そうなると結果的に人里離れた山の中は多くなるんです。

それに比べると阿武町の環境は便利が良く住みやすい場所ですよ。もともと萩市の出身で阿武町にも昔から遊びによく来きていて。全く知らない土地ではないので、そこまで移住に対する抵抗や不安もありませんでしたね。



―阿武町に移住してみて町の人との関わりはいかがですか?
0Y3A2792.JPG
土をこねる作業は力仕事

規模が小さく人口も少ないことからこそ、個人の声が届きやすい役場との距離感や、人と人との繋がりが自分にとっては心地いいですね。
自分がしっかり意見を言えば聴いてもらえる環境も魅力だと感じています。

shiBanoのイベントで会った人とサッカーの話をしていたらサッカークラブに誘ってもらって。
いつも1人黙々と同じ姿勢で作業をするため奥さん以外誰とも話をしない日があったりするんですが、サッカーの練習に行くことで運動不足の解消にもなるし、違う職種の人と話ができることが気分転換にもなっていますね。 

 

 ―薪窯を作り始めて、周囲の人の反応はどうでしたか?
0Y3A2752.JPG
窯に使うブロックも手作り

薪窯を作り始めてから周りの方達に”焼き物をやっている人”と認識され始めましたね。
みなさん何を作っているのか興味津々で、中には「お風呂を作ってるの?」と言われる方もいて。
お散歩中に足を止めて話しかける方や、定期的に進捗状況を確認しに来る方もいますよ。

 0Y3A2842.JPG

阿武町に来て今年で4年目を迎える橋本さん。
6月には岐阜県のギャラリーで若手作家を対象にしたグループ展が行われるそうです。
町の方と関わりながらの作陶活動をこれからも阿武町で続けていってほしいですね。


記事/吉岡