お知らせ

2020 / 05 / 11  10:00

田植えシーズン到来

田植えシーズン到来

阿武町の暮らしを伝えるシリーズ 田植え編!

5月に入ってから各地で田植えをしている光景が見られるようになりました!
田んぼに関してはshiBanoホームページでも 籾まき 井出堰 圃場整備 とお伝えしてきましたね。
先月籾をまいた苗も立派に育ちましたよ✨
IMG_7529.jpg IMG_7559.jpg

今回は田植えの様子をご紹介しようと思います!(この日はあいにくの天気でしたのでトップの写真は数年前のものを使っています)

田植えの時必要となる作業は主に3つです。
まずはハウスから苗を運ぶ苗運びの作業
これが地味にきつい。
田植え前の苗箱はしっかりと水を吸っているので重たくなります。
トラックにたくさんの苗箱を積み込んで圃場へ向かいます🚛

次に畔(あぜ)に並べた苗箱を田植え機に乗っている人へ渡す作業
IMG_7576.jpg IMG_7564.JPG
写真のパレット(白い板のようなもの)をザクっと刺して苗箱から苗を取り出し田植え機へ。
持ち上げ作業が多いので次の日にはしっかり筋肉痛になりました💪💪

そして田植え機を操作するオペレーター
綺麗にまっすぐ植えるのも
田植え機に付いている車輪のようなもので印をつけながら進んでいき、帰りはそれを目印にして帰ってきます。
IMG_7572-1.jpg IMG_7570.jpg IMG_7581.jpg 

田んぼの苗が綺麗に並んでいるのはこの目印があるからなんですね✨
とはいっても初めの一列には目印がありませんので、やはりオペレーターの力量によるものが大きいのだと思います!

田植えはこれで終わりますが、その後にも苗箱を洗ったり道路の掃除をしたりする作業も実はあるんです。
みなさんの食卓にならぶお米はこうしていろんな作業を経ているんですね。

美味しいお米ができるのが楽しみです🌾

記事/吉岡

2020 / 05 / 09  17:00

圃場整備

圃場整備

だんだんと暖かくなり、鳥や虫の鳴き声も少しずつ活発になってきましたね。

5月上旬、いよいよ田植え前の圃場整備の時期です。

 ※圃場(ほじょう)とは、農産物を育てる場所のこと

 

阿武町では各地で作業が進められていますよ!

 

 

 

 IMGP6788.JPG

こちらは「くれ返し」と呼ばれる田起こし作業。

上層と下層の土を入れ替えたり、土を細かく砕いたりします。

 

IMGP6790.JPG

内部には爪がたくさん並んでいます。エンジンの力でこの爪を回転させて土を耕します。

 

田起こしでは、耕す深さを均一にすることが大切です。高低差ができてしまうと、田植え後の水管理が難しくなります。

高い場所の苗が生き残り、低い場所の苗は水没してしまうからです。

 

 

 IMGP6778.JPG

こちらは「荒代かき」作業です。

耕した水田に水を入れ、土を砕いて平らにしていきます。土の粒子を細かくすることで、地面へ染み込む水の量を減らし、水持ちをよくする事ができます。

 

また代かきには、圃場全体の水平を調整したり、苗を植えやすくする役割もあります。

田を耕すだけでは、苗がしっかりと土の中で固定されません。代かきで表面の土を滑らかにすることで苗が立ちやすくなります。

 

 

 

一つ一つの工程が苗の成長に大きく関わっています。そのため、丁寧に作業と向き合っていく事が必要です。

やはり圃場で働く人の姿はかっこいいですね。

 

 

記事/小野

2020 / 05 / 07  15:00

日々の営みと楽しみは大切に

stay homeということで

ステイホーム週間となった今年のGW
みなさんはどんな風に過ごされましたか?
私は日々の運動不足解消のため(珍しく)家の農業のお手伝いをしていましたよ。
この週末には先月籾まきをした苗(美味しいお米になりますように 参照)の田植えもありますのでまたその様子もまたお伝えできたらな、と思います!

今回は阿武町林業振興会女性部さんが黒豆味噌の試作をした時の様子をご紹介します◎
(もちろん、密は避けつつマスクや消毒しっかりしてますよ)

大豆の代わりに黒豆を使う黒豆味噌。
黒豆がふっくら柔らかく煮ええたら麹とまぜまぜ
0Y3A3127.JPG

ミンチの機械でうにょーーっと出したらお団子に丸めて
0Y3A3132.JPG 0Y3A3133.JPG

袋詰めして空気を抜いて完成です!!(写真なくてごめんなさい💦)
どんなお味噌になるのかみなさんも楽しみにされていました♪

少し話は飛びますが、毎年阿武町林業振興会さんは山と人とのふれあいをテーマに山菜狩りを開催されています。
山菜に詳しい先生をお呼びしてみんなで山に山菜を取りにでかけ、お昼には山菜のてんぷらをたらふくいただけるんです!!
とてもシンプルなイベントではありますが、毎年町外県外からたくさんの方が来てくださるんですよ♪
だけど今年は開催中止。

ということでお昼は!!
リベンジ!お外で山菜天ぷらパーティの始まりです!!
私までおごちそうになっちゃいました!
0Y3A3096.JPG 
時期も少し遅いこともあり山菜はたけのこ、たらの芽、こごもみの3種類。
でも外で食べる天ぷらってやっぱり美味しいですよね♪
最近では3密を避けた屋外での活動やキャンプなどが人気という話を聞きますが、外で食べるこの特別感も嬉しいんですね🌞
本当の山菜狩りではもっともっとたくさんの山菜が食べられますので、今年来れなかったみなさん、来年の山菜狩りをお楽しみに!!

お味噌が出来上がるまで時間もかかりますが、美味しいお味噌ができるのを楽しみにしています◎
林業振興会女性部のみなさん、ありがとうございました!


記事/吉岡

2020 / 05 / 05  15:00

井出堰

井出堰

井出堰(いでせき)という言葉を聞いたことがありますか?私は田んぼの作業を手伝うまで、全く知りませんでした。

 

 

私の住んでいる奈古地区河内集落では、農業用水路の整備作業をすることを井手堰と呼びます。調べてみると他にもそう呼んでいる地域があるようです。

田植えに備えて、秋から冬にかけてたまった土砂や石を取り除きます。井出堰は水稲栽培に毎年欠かせない作業です。

 

 

まずは水路の脇に生えている草を取り除かなければいけません。この草刈り作業だけでもかなりの時間を要します。

 

 

 

IMG_7449.JPG IMG_7457.JPG 

こちらが水路清掃前後の写真。

場所によっては完全に水路が塞がってしまうほど、土砂や石が堆積しています。これらを取り除くことは地味であり、大変な作業です。農作業に慣れていないと足腰にくるので要注意。笑

 

 

けれども作業が終わればお互いに”お疲れ様!”と言いながら、しみじみと達成感を味わうことができます。

 

 

奈古地区河内集落では3日間に渡り井出堰が行われました。これで今年も、しっかりと田が潤うことでしょう。

 

 

記事/小野

2020 / 05 / 02  15:00

「阿武町」で検索!

新型コロナ対策について

こんにちは!
GW中、旅行に出ることはなかなかできませんがおかげで時間はたくさんある!と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私は某有名動画サイトで動画を見ていることが多いのですが、ふと「ふるさとCM大賞」の阿武町の軌跡をまとめた動画の存在を思い出しまして。
久しぶりにみて見ようと思い「阿武町」で検索をかけてみたところ結構いろんな動画上がっているんですね!!
スイカ農家の梅ちゃん/人生を耕すクレイジー・ファーマーさんや漁師さん、ライダーさんなどいろんな方が阿武町の動画をアップされています!!

今は「ぜひ阿武町に来てください!!」とは言えません。
なので、動画で阿武町を感じてみてください♪

ちなみに阿武町暮らし支援センターの休業も5月23日までに延長となりましたが、お電話でのお問い合わせは引き続き(GW中も)受けつけておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

また、阿武町長からのメッセージも更新されましたよ。
町長メッセージ・新型コロナ対策関連情報

町長もここで話しているように阿武町では阿武町独自の5つの緊急経済対策が行われます。
その他、国や県の支援制度が【支援制度の概要】にまとめられていますのでご覧くださいね。


記事/吉岡

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...