shiBano日記

2021 / 02 / 09  17:00

恩返しがしたい

うぉっちゃ食堂

昨年12月、道の駅阿武町に「うぉっちゃ食堂」がオープンしました。

こちらのお店では、阿武町の魚を使った こだわりの漁師めしセット(丼と あら汁)が頂けます。

 

 

オーナーの宮川直子さんは、「ウエカツ水産」の上田勝彦さんの指導を受け、氷等を使わず鮮度や美味しさを持続する神経締めの技術を習得しました。


阿武町でとれた新鮮な魚を使用。そのため、日によって提供されるものが違います。何が食べられるかは、その日のお楽しみです。

「レアな魚」がお手頃に食べられることもあります。贅沢ですね!

 

 

 

 宮川さん.jpg

宮川さんは、元・阿武町地域おこし協力隊。魚の価値を向上させるベく、昨年10月まで協力隊として活動をしていました。

自らも漁師として働き、その傍らゲストハウス「IKIATARI」を2019年に開業しました。

 

そしてこの度、うぉっちゃ食堂が始動!

 

 

 

 

 0Y3A4560.JPG

食堂を営むことで地元で消費が生まれ、魚を使うことで漁師さんにも還元されます。

メニューに使われる野菜も、ほとんどが阿武町の農家さんが作ったものです。

 

また廃棄ゼロを目標とする「ゼロ・エミッション」を掲げています。

魚のあらゆる部位を余すことなく使い切り、最終的に生ゴミとして廃棄されるものは畑に持っていき、肥料として使用。

 

昨年、協力隊を卒業した後「ここで何ができるのかを考えたときに、水産に関わる仕事を続けていきたい」「阿武町の魚の美味しさを広めたい」という思いから食堂の開業を決意。

「普段からお世話になっている阿武町の漁師さんたちに恩返しがしたい」と宮川さんは話していました。 

 

 

 

IMG_8007.JPG

~ うぉっちゃ食堂 店舗情報 ~

 

【場所】

道の駅阿武町 鹿島の湯入口横

 

【営業時間】

正午から「売り切れる」まで

 

【定休日】

月曜日・火曜日

 

【メニュー】

漁師めしセット(丼+あら汁) 税込1,000円

 

持ち帰り または

最大4人まで店内のカウンターで食べることができます。

 

【インスタグラムアカウント】

https://www.instagram.com/naoko_woccha/?hl=ja

 

 

記事/小野