お知らせ

2020 / 10 / 06  17:00

モクズガニ

IMG_7053.JPG

モクズガニをご存知でしょうか?

甲羅が7-8cm程度で、ハサミには モサッとした毛がついているカニです。

名前の由来は、ハサミについている毛が「藻くず」に見えることから。

 

古くから身近な川で手に入る食材として知られています。

また「上海蟹」の同族異種であり、「日本の上海蟹」と呼ばれることも。

 

 

 IMG_7787.JPG

阿武町の川にも多く生息しており、私が住んでいる集落では、このモクズガニが地域行事のごちそうとしてふるまわれています。

 

 

モクズガニを捕るときは、川の中にカゴ罠を沈め、エサを撒いて仕掛けておきます。

捕まえたカニは、調理する当日まで、ケースに入れて川の中で生かしておきます。

 

 IMG_7790.JPG

ケースの中はこんな感じ。

共食いしないように、定期的にエサを与えておきます。

 

 

  

調理の方法はシンプルです。

洗ったモクズガニを鍋に入れ、水をはり、火をかけます。

適量、塩を振りかけておきます。

そして湯が沸騰してから15分程度茹でます。

 

これで完成!!

 

 

 

モクズガニが一番おいしいとされているのは晩秋。

産卵前のメスが美味で人気です。

 

オスとメスの見分け方ですが、裏返すと腹部の形が違います。

まんまるい形をしているのがメスです。

 

 一匹ずつの個体は小さいのですが、足の先まで身が詰まっています。

この小さな身を時間をかけてチマチマ食べていくのが、おいしいんです!

味噌汁に入れて食べても絶品とのこと(集落のおじ様談) 

 

以上、身近にある隠れた食材、モクズガニの紹介でした。

 

記事/小野