お知らせ

2020 / 07 / 21  15:00

昔の風景を想像しながら

昔の風景を

本日、阿武小学校2年の生活科授業で、奈古浦地区の町歩き授業を行いました。

今朝はあいにくの雨。ですが、傘をさしてshiBanoに到着した子どもたちは元気いっぱいでした。

 0Y3A5736.JPG

今回は特別講師として、奈古浦出身で現在88歳の白上憲司さんを招き、お話をしていただけることに。白上さんが小学生だった頃の生活について話していただきました。

私たち集落支援員も、この日のために白上さんとの打ち合わせと授業準備を進めてきました。

 

 

 IMG_9659のコピー.jpg

当時この地区の本通りには、酒屋、旅館、薬屋、味噌屋、こんにゃく屋、豆腐屋などが立ち並んでいました。

豆腐を買う時は、豆腐屋さんにお鍋を持って行き受け取る。日常にはそんな風景がありました。

またこの通りには子どもたちが多く、白上さんは路地でたくさん遊んだ思い出があるそうです。近所の怖いおじさんに叱られると一斉に子どもたちが逃げていく。そのような近所の人との関係性も微笑ましく思えます。

 

今の子どもたちにはもちろん、私たちの世代にとっても馴染みのない当時の生活の様子を想像することができました。

 

豆腐屋にお鍋を持っていく話に対して「それサザエさんで見たことあるー!」と元気に話す子どもがいて感心。笑

 

 

 

 IMG_9771.jpg

朝から降っていた雨も、白上さんの話が終わる頃にはピタリと止んでおり、町歩きを決行することに!

説明してもらった本通りを実際に歩いてまわりました。

 

 IMGP7358.JPG 0Y3A5772.JPG

当時の様子とはすっかり雰囲気の違う通りを見て、子どもたちも色々と感じることがあったのではないかと思います。

 

 IMG_9910.JPG

途中、河野酒造さんのご好意で酒蔵の中を見せていただけることに。「わー!広い!!」と驚いていました。あぶのべっぴん市などのイベントで知っている子たちもいたようです。

 

 

 IMGP7381.JPG 0Y3A5780.jpg

最後はみんなで元気よく「ありがとうございました!」とお礼。健気な子どもたちを見て白上さんも嬉しそうでした。

 

途中に「1日中ずっと町歩きがいいなー」なんてことを言った子もいました。笑

授業を楽しんでもらえたようで、私たちも準備した甲斐がありました。

今回の授業をきっかけに町の事にもっと興味を持ってもらえると嬉しいです。

 

 

記事/小野