お知らせ

2019 / 08 / 14  14:23

一つ一つに愛情を込めて

IMGP5001のコピー.jpg

暑い日が続きますね。

こまめに水分をしっかり取りましょう。

 

この時期、美味しく水分が取れる果物といえば、、

 

 IMGP5002のコピー.jpg

梨!!

 

今年も梨のシーズンがやってきました。

阿武町では毎年おいしい梨を食べることができます。

 

今回は、奈古地区 河内集落で梨農家をされている

小野眞治さん、房枝さん御夫婦を取材しました。


IMGP4753のコピー.jpgIMGP4725.JPG

こちらの写真は、月に実施した袋がけ作業を撮影したものです。

有袋栽培といって、梨の実一つ一つに袋がけを行う栽培方法です。病気や害虫被害を防ぐことができます。

 

袋がけを行わなければ、大量の農薬が必要になります。

暑い中、見上げながら作業を行うので、大変な時間と労力がかかるのです。

農家さんにとって負担ではありますが、この作業のおかげで使用する農薬を大幅に減らすことができます。

 IMGP5007のコピー.jpg

今の時期は、シャキっとした食感が楽しめる”幸水”を出荷されています。

酸味が少なく糖度が高い梨です。

 

小野さんご夫妻の梨は、道の駅阿武町でお買い求めになれます。

(”小野房枝”さんの名前で出荷されています。)

 

眞治さんは梨農家を始めてから50年近くになります。

お父様が河内集落で始められた梨栽培を引き継ぎ、毎年育て方を改良しながら経営されてきました。

 
IMGP5006のコピー.jpg

梨以外にもカボチャ、そうめん瓜なども育てています。

また時期によっては、房枝さんが漬物を作り出荷されてます。地元で作り方を教わった懐かしい味のする漬物です。

道の駅で商品を見つけた時は是非お試しください。

 

 

本日の記事/小野